2017.07.21

07/21 九州北部地方も昨日梅雨明けしました

昨日、九州北部地方が梅雨明けして、残るは北陸と東北地方だけになりました。

NHKニュース

九州北部と山口県が梅雨明け
20日も西日本と東日本の広い範囲で晴れていて、気象庁は、20日午前、「九州北部と山口県が梅雨明けしたと見られる」と発表しました。西日本では、すでに35度以上の猛暑日となっていて、熱中症に十分注意が必要です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

はやぶさ型ミサイル艇「はやぶさ」

はやぶさ

昨日から向かいの港に泊まっているのは、はやぶさ型ミサイル艇「はやぶさ」です。 お務めご苦労様です。

Wikipedia

はやぶさ型ミサイル艇(はやぶさがたミサイルてい、英語: Hayabusa-class guided-missile patrol boats)は、海上自衛隊のミサイル艇の艦級。平成11年度計画から平成13年度計画にかけて計6隻が建造された。建造費は1隻あたり94億円(平成13年度計画分)。
61中期防において、海上自衛隊は従来の魚雷艇(PT)にかわる沿岸防備用の高速戦闘艇として、ミサイル艇(PG)の整備に着手した。オペレーションズ・リサーチによって、大湊・舞鶴・佐世保地方隊に6隻ずつを配備するという基本計画が策定された。これに基づき、まず平成2年・平成4年度計画で全没型水中翼艇の1号型ミサイル艇3隻が就役した。しかし就役後、波浪中の船体強度や耐航性の不足が発覚し、特に冬季の日本海での運用上問題となった。また水中翼艇特有の問題として、フォイルボーンでの高速時とハルボーンでの低速時との間に速力や運動性の面で大きなギャップがあり、中速域での運用が困難であった。これらはいずれも運用上重大な制約となったことから、1号型の建造は3隻で打ち切られた。
このころ、安全保障政策の新しい基本的指針として07大綱の策定が進められており、ミサイル艇3号(04PG)の竣工と同年の1995年11月28日に閣議決定された。07大綱では防衛力の適正化・コンパクト化が志向されており、ミサイル艇の整備数も9隻に半減することになった[2]。これに基づき、02PGの運用実績も踏まえて新たに建造が計画されたのが「はやぶさ型」である。平成11年度計画で2隻分190億円が予算化されたが、能登半島沖不審船事件を受けて、本格的な侵略事態における対艦ミサイルと主砲を活用した対水上戦闘はもちろんのこと、赤外線暗視装置や衛星通信装置の搭載、防弾板の装着など、不審船対処も考慮に入れた性能向上策として、2隻分で27億円が追加された。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

07/21 珠洲飯田燈籠山祭り 2日目

07/21

今朝は晴れです。 昨日から向かいの港に船が泊まっています。 今日も暑く熱い一日になりそうです。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.07.20

ミサイル艇「はやぶさ」

07/20

昼前から向かいの港に泊まっている船は、海上自衛隊のミサイル艇「はやぶさ」のようです。 以前にも来たことがありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

07/20 珠洲飯田燈籠山祭り 1日目

07/20

今朝は晴れです。今日は暑く熱い一日になりそうです。く

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.07.19

07/19 四国地方も梅雨明け

四国地方も梅雨明けしたそうです。

NHKニュース

関東甲信~中国地方に続き四国でも梅雨明け
19日は東日本と西日本の広い範囲で高気圧に覆われて晴れ、気象庁は、午前中に関東甲信と東海、近畿、それに中国地方に発表したのに続いて、午後1時半、四国も「梅雨明けしたと見られる」と発表しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

07/19 関東甲信 東海 近畿 中国地方で梅雨明け

関東甲信・東海・近畿・中国地方で梅雨明けしたそうです。 残るは、九州北部・四国・北陸・東北地方でしょうか。

NHKニュース

関東甲信 東海 近畿 中国地方で梅雨明け
19日は東日本と西日本の広い範囲で高気圧に覆われて晴れ、気象庁は「関東甲信と東海、近畿、それに中国地方が梅雨明けしたと見られる」と発表しました。午後はところによって35度以上の猛暑日になると予想され、気象庁は、各地に高温注意情報を出して熱中症に十分注意するよう呼びかけています。
気象庁によりますと、午前11時半までの最高気温は、岐阜県多治見市で33度2分、愛知県豊田市と島根県津和野町でいずれも33度1分、兵庫県豊岡市で33度ちょうど、大阪市で32度8分などと各地で30度以上の真夏日となっているほか、東京の都心でも29度9分まで上がっています。
東日本と西日本では、この先1週間も晴れる日が多くなると予想されることから、気象庁は午前11時、「関東甲信と東海、近畿、それに中国地方が梅雨明けしたと見られる」と発表しました。各地の梅雨明けは、平年と比べるといずれも2日早くなっています。また、去年と比べると東海で9日、関東甲信で10日いずれも早くなったほか、近畿と中国地方ではいずれも1日遅くなっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第42期碁聖戦五番勝負 第2局

井山裕太碁聖に山下敬吾九段が挑戦する第42期碁聖戦挑戦手合五番勝負 第2局が今日(2017.07.19)広島県廿日市市「宮島ホテルまこと」(主催:中国新聞社)にて打たれます。

第1局は井山碁聖が先勝し防衛・六連覇に向けて幸先の良いスタートを切りました。 井山碁聖が連勝してリードをひろげ後一歩とするか、山下挑戦者が星を返しタイに戻すか注目の対局です。

日程  井山碁聖  山下挑戦者対局場所(主催新聞社)
第1局6月22日(木)
中押し
△●宮城県松島町「松島 一の坊」(河北新報社)
第2局7月19日(水)△?広島県廿日市市「宮島ホテルまこと」(中国新聞社)
第3局7月25日(火)△?熊本県熊本市「ホテル日航熊本」 (熊本日日新聞社)
第4局8月19日(土)△?石川県金沢市「北國新聞会館」 (北國新聞社)
第5局8月25日(金)大阪府大阪市「日本棋院関西総本部」(新聞囲碁連盟)

日本棋院:第42期碁聖戦特集ページ
中国新聞:碁聖戦五番勝負 第2局ライブ中継

[追記]
18時14分 145手完、井山碁聖の黒番中押し勝ちで二連勝。防衛・六連覇まで後一歩としました。 第3局は 7月25日(火)熊本県熊本市「ホテル日航熊本」(主催:熊本日日新聞社)にて打たれます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

07/19 曇り

07/19

今朝は曇りです。 蒸し暑い朝です。 今日は晴れの予報です。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.07.18

07/18 曇り

07/18

今朝は曇りです。 蒸し暑く湿っぽい空気です。 これから雨の予報です。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.07.17

07/17 海の日(うみのひ)

07/17

今朝は曇りです。暑い一日になりそうです。

Wikipedia

海の日(うみのひ)は、日本の国民の祝日の一つ。日付は7月の第3月曜日。
海の日は、1995年(平成7年)に制定され、1996年(平成8年)から施行された日本の国民の祝日の一つである。制定当初は7月20日だった。2003年(平成15年)の祝日法改正(ハッピーマンデー制度)により、7月の第3月曜日となった。
国民の祝日に関する法律(祝日法、昭和23年7月20日法律第178号)第2条では、「海の恩恵に感謝するとともに、海洋国日本の繁栄を願う」ことを趣旨としている。国土交通省の文書の記述などによると「世界の国々の中で『海の日』を国民の祝日としている国は唯一日本だけ」という。
2007年(平成19年)に制定された海洋基本法第13条は「国及び地方公共団体は、国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)第2条に規定する海の日において、国民の間に広く海洋についての理解と関心を深めるような行事が実施されるよう努めなければならない」と海の日の行事について定めている。
海上自衛隊では、基地・一般港湾等に停泊している自衛艦において満艦飾が行われる。
海の日が制定された1996年(平成8年)以降、7月20日から31日までの12日間を「海の旬間(じゅんかん)」とし、国土交通省海事局が中心となり、地方公共団体、海事関係団体などとともに、海事思想の普及のための活動を実施してきた。
2003年(平成15年)以降は、海の日の三連休化に伴い旬間を月間化し、広く国民に「海」に対する理解と認識を高めてもらうために、海の日を含む7月1日から31日までの1か月間を「海の月間」と定めた。国土交通省海事局が中心となり、関係省庁、地方公共団体、海事関係団体などとともに、「海フェスタ」を始め、全国各地で行われる海に関する各種様々なイベントの紹介を行っている。
なお2014年に「海の恩恵に感謝する日だったはずが、単なるお祭りになってしまった」として、超党派の国会議員からなる海事振興連盟により7月20日に固定化する議案が出され、2016年から8月11日の「山の日」が施行されることでそれをきっかけに、当初の7月20日に戻そうとする流れにある。
2015年、20回目の海の日を記念し、「海でつながるプロジェクト」が発足。総合海洋政策本部参与会議座長・日本郵船顧問を務める宮原耕治が会長となり、日本政府や東京海洋大学、日本財団をはじめとする民間法人などで『「海の日」特別行事実行委員会』を結成し、子供たちを中心に「海の日」の意義への認識や海に対する好奇心を高めてもらうため、様々なイベントを行った。キックオフイベントには日本財団の会長笹川陽平や、山谷えり子海洋政策担当大臣、アショク・マハパトラ国際海事機関上級次長、川島海荷、服部幸應、石原良純らが登壇した。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.07.16

07/16 雨

07/16

今朝は雨です。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«2017年7月31日号の「ハンター×ハンター」