« 軽井沢シンドローム スプラウト 4巻 | トップページ | ブロガーの血液型統計(トラックバック企画) »

2004.06.14

伊勢・志摩 狼伝説殺人事件

伊勢・志摩 狼伝説殺人事件

田中光二の新刊(光文社文庫)「伊勢・志摩 狼伝説殺人事件」。警視庁嘱託警視 千々岩 乱(ちぢいわ みだれ)を主人公とした3作目。
警察を定年退職し警視庁の嘱託として捜査にあたる主人公設定はユニークだ。フジTVの「踊る大捜査線」で亡くなったいかりや長介演じるワクさんを連想した。
ミステリーと言うよりはSFの範疇に入る作品かとは思うが,この人の著作にハズレは無い。

光文社文庫の中では,第2作「熊野古道に消ゆ」が同シリーズの1冊。第1作「わたしを深く埋めて―花妖殺人事件」は絶版のようだが・・・

|

« 軽井沢シンドローム スプラウト 4巻 | トップページ | ブロガーの血液型統計(トラックバック企画) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 伊勢・志摩 狼伝説殺人事件:

» *** 世界遺産登録決定 *** [メープルの小部屋]
紀伊山地の霊場と参詣道 登録 おめでとうございます 国内12番目 道では世界2例目とか (1) 今回登録されたものは 修験道の拠点となっている『吉野・... [続きを読む]

受信: 2004.07.06 22:28

« 軽井沢シンドローム スプラウト 4巻 | トップページ | ブロガーの血液型統計(トラックバック企画) »