« 午後になっても立山が見える | トップページ | 勝負師の妻 »

2004.08.16

南紀白浜 呪いの磯殺人事件

南紀白浜 呪いの磯殺人事件南紀白浜 呪いの磯殺人事件
田中光二:著
光文社文庫 ISBN4-334-73732-3
Amazonへのリンク

警察庁嘱託警視・千々岩乱が主人公のシリーズ。舞台は前々作「熊野古道に消ゆ」で親しくなった刑事との釣行から始まる。
大物が釣れる呪いの磯「イチのハナレ」に絡んで3人が次々と不審な死を・・・

前作の「伊勢・志摩 狼伝説殺人事件」も,和歌山・三重の紀伊半島を舞台としている。作者はこの地方に思い入れが強いのだろうか。


|

« 午後になっても立山が見える | トップページ | 勝負師の妻 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 南紀白浜 呪いの磯殺人事件:

« 午後になっても立山が見える | トップページ | 勝負師の妻 »