« 2005年4月11日号の「ハンター×ハンター」 | トップページ | @niftyの料金コース変更 »

2005.03.29

報復

報復報復
ジリアン・ホフマン:著
吉田 利子:訳
ヴィレッジブックス ISBN 4-7897-2416-6
2004年11月20日 発行
Amazonへのリンク
あらすじは文庫の帯やAmazonに触れられていますので省略しますが,怖いです (>_<) けど読み応えはありました。ただ,スプラッタや血が飛び散る描写が苦手な人は止めておいた方が良いでしょう。最後のどんでん返しは予測もつかなかったので作者の筋書きに見事にはまりました。

|

« 2005年4月11日号の「ハンター×ハンター」 | トップページ | @niftyの料金コース変更 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

sine_waveさん,いつもコメントありがとうございます。
「P・コーンウェル」も一種ミステリサスペンスのブランドみたいになってますね。作者・主人公が女性,主人公のモデルや設定が,警察・検察や法医学関係で作者の前または現職に近いことが,共通点でしょうか。
ただ「報復」の主人公 C・J・タウンゼントでシリーズされるのは難しいかもしれませんね。

投稿: トニイ | 2005.03.30 06:29

トニイさん、こんばんは。
帯にP・コーンウェルも裸足で逃げ出すとあるやつですね。のぞいてみよっと!

投稿: sine_wave | 2005.03.29 23:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 報復:

« 2005年4月11日号の「ハンター×ハンター」 | トップページ | @niftyの料金コース変更 »