« 失踪日記 | トップページ | 2005年4月18日号の「ハンター×ハンター」 »

2005.04.02

昨晩,停電しました

昨日(2005.04.01)の夜,突然の停電!北國新聞より・・・

能登11万世帯で停電 志賀原発を手動停止 羽咋の送電線にトラブル
 一日午後九時十八分ごろ、宝達志水町以北の能登全域の約十万九千二百世帯が最大で八分間にわたり停電した。北陸電力によると、羽咋市福水町の送電線を支える鉄塔の地上約三十メートル付近のアーム部分が折れ、送電線が垂れ下がったことが原因とみられる。この影響で北電は志賀原子力発電所1号機の原子炉を手動で停止した。
鉄塔のアーム部分が折れたって,ゴジラでも来たのかしら・・・(^_^)
どうやら地すべりのために鉄塔が倒れたからのようです。毎日新聞より・・・
北陸電力:
送電鉄塔が地滑りで倒壊、一時停電 石川・羽咋

 1日午後9時15分ごろ、石川県羽咋市福水町で、北陸電力の「50万ボルト能登幹線32号鉄塔」(高さ約86メートル)が倒れた。土台部分が幅約200メートルにわたって地滑りしていた。南北に隣り合った他の鉄塔5本も電線が垂れ下がって腕金が折れるなどした。
記事には倒れた鉄塔の写真も添えられていました。それにしても地すべりが起きるような軟弱な地盤に鉄塔が建っていたってコトなのか!他の鉄塔は大丈夫なのか不安ですね。
※ TBS:鉄塔倒壊、能登で一時11万世帯が停電 (2日 11:52)

[追記] 2005.04.03
続報です。毎日新聞から・・・

鉄塔倒壊:
専門家が視察 完全復旧には数カ月以上かかる

(中略)
 県によると、地滑りの範囲は、幅約500メートルにわたっていた。現場一帯は古くから地滑りが多発し、宮谷川は土石流などの危険性があり、砂防ダム工事などが必要な国指定の砂防指定地。鉄塔倒壊地点は地滑り防止区域ではないが、川村教授は「一帯は火山灰などが固まった岩が風化し、非常にもろい。法的な規制はないが、本来、鉄塔などを建てるのは好ましくない」と指摘した。
元々,地盤に問題があったみたいですが,そうするとこの地区を避けて鉄塔を別の場所に建てることになるんでしょうか。

|

« 失踪日記 | トップページ | 2005年4月18日号の「ハンター×ハンター」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 昨晩,停電しました:

« 失踪日記 | トップページ | 2005年4月18日号の「ハンター×ハンター」 »