« 2006年2月20日号の「ハンター×ハンター」 | トップページ | 第30期棋聖戦七番勝負第3局 »

2006.02.07

棋譜を表示する go.sty

囲碁の棋譜を表示させる go.sty は,「LaTeXグラフィックコンパニオン」でも紹介され,CTANサイトから入手が可能です。
この go.sty では254手以上は表示出来ないようになっています。これでは少々不便なので254手以上の碁石フォントを作り go.sty に手を加え goex.sty としました。

go1black.mf と go1whitemf のバグ
マニュアルを参考に棋譜を表示させると,39手目が「黒29」と表示されてしまいます。METAFONT ソース go1black.mf に誤りがあるようで「39」とすべきところが「29」になっていました。同様な誤りが go1whitemf 39番にもあったので修正しました。

254~381までの碁石フォント
254手以降の碁石フォントは,go2black.mf・go2white.mf を下敷きにして go3black.mf・go3white.mf として 128文字いっぱいの 254~381 まで作っておきました。これらは先のgoex.sty で使います。

textrace を用いて pfb フォントも作り dvips 用の map ファイルも用意しました。

以上をまとめたものを gosty.zip(1.85MB) として置いておきます。

|

« 2006年2月20日号の「ハンター×ハンター」 | トップページ | 第30期棋聖戦七番勝負第3局 »

趣味」カテゴリの記事

TeX・LaTeX」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 棋譜を表示する go.sty:

« 2006年2月20日号の「ハンター×ハンター」 | トップページ | 第30期棋聖戦七番勝負第3局 »