« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006.02.22

第30期棋聖戦七番勝負第4局

羽根 直樹棋聖に山下 敬吾九段が挑戦する第30期棋聖戦七番勝負第4局が,今日(2006.02.22)と明日の2日にかけて熊本県熊本市「ホテル日航熊本」にて打たれます。
ここまでの戦績は,山下挑戦者の3連勝。棋聖位奪取まで後一歩としました。この勢いで今局を制してストレートでタイトル奪取とするか,カド番に追い込まれた羽根棋聖は今局を挽回して後につなげることが出来るか大一番の一局です。
一昨年,両者が立場を逆にして戦った棋聖戦は3連勝3連敗で最終局へともつれこみました。一方,山下九段が羽根天元(当時)に二度目の挑戦だった第30期天元戦では3連勝ストレートでタイトルを奪取しています。このまま,ストレートで決まってしまうのはあまりにも寂しい。もっと対局を楽しみたいと思いますので,今局はなんとしても羽根棋聖に頑張ってもらって後につないで欲しいです。

 対局日羽根 棋聖山下挑戦者対局場所
第1局01.15~01.16×△○
中押し
ドイツ・ベルリン「インターコンチネンタルホテル」
第2局02.01~02.02△×
6目半
岐阜県下呂温泉「水明館」
第3局02.08~02.09×△○
1目半
京都府舞鶴市「ホテルマーレたかた」
第4局02.22~02.23△?熊本県熊本市「ホテル日航熊本」

読売新聞:第30期棋聖戦
読売新聞:棋聖戦の記事:立場逆転、因縁の対決 山下九段VS羽根棋聖
棋聖戦中継ページ
NHK BS2での中継
解 説:石田 芳夫 九段/司 会:中島 美絵子 初段
2月22日 午前9時00分~10時00分/午後5時00分~6時00分
2月23日 午前9時00分~10時00分/午後4時00分~6時00分50分
※ダイジェスト 2月24日 午前0時30分~0時45分

[追記]
山下挑戦者が白番58手目を封じて1日目が終了しました。
[追記] 2006.02.23
2日目BSの放送が18:00までだと思ったら18:50まででした。
18:28 243手完,山下挑戦者の白番2目半勝ちでストレートの4連勝で,棋聖位を奪取し2年ぶりに棋聖となりました。一昨年,羽根九段に奪われた棋聖タイトルを取り返しました。BSの中継が18:50まで伸びたおかげで終局まで,さらに局後の検討に両者のインタビューまで見ることが出来て良かったです。いつも中継が,このように最後までやってくれるなら嬉しいですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.02.21

CMN 0.50aβ

Windows 用インターネット掲示板自動巡回ツール CMN がバージョンアップして 0.50aβ となった。

配布元: http://www.cube-d.com/cmn/

|

2006.02.14

秀丸エディタ 5.14

秀丸エディタの最新版がVer.5.13からVer.5.14へバージョンアップ。

配布元:秀まるおのホームページ > ソフトウェア > 秀丸エディタ

|

今朝も立山が見えます

02/14

今朝も見えました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.02.13

朝の早い時間の立山

02/13

今朝も見えました。「ました」と過去形なのは,日が昇ってすぐの瞬間だけで,時間が経つにつれて見えなくなってしまうからです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.02.11

2006年2月27日号の「ハンター×ハンター」

週刊少年ジャンプに連載の「ハンター×ハンター」の掲載と休載を淡々と記録するよ。
2006年2月27日(11)号 2月13日(月)発売。・・・のはずですが今日(02.11)届きました。
今週号は第260話「1-(4)」。ハンター達とキメラアントとのバトルが展開する。
いよいよ大詰めですが,次号から作者取材のため休載するようです。再開は 4月上旬からのようです。後書きには

椅子から動けない日が続いております。<義博>
とありますけど,いままで缶詰状態だったからでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.02.10

朝焼けと立山

02/10

朝早いこの時間だけかもしれません。対岸の立山が久々に見えます。時間を追うにつれて見えなくなってきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.02.09

また雪

02/09

また雪です。天気予報から今朝はどっちゃり降っているかと覚悟したのですけど,思っているほど積もっていなかったのでホッとしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.02.08

第30期棋聖戦七番勝負第3局

羽根 直樹棋聖に山下 敬吾九段が挑戦する第30期棋聖戦七番勝負第3局が,今日(2006.02.08)と明日の2日にかけて京都府舞鶴市「ホテルマーレたかた」にて打たれます。
ここまでの戦績は,山下挑戦者の2連勝,このまま勢いに乗って棋聖位奪取まで後一歩とするか,羽根棋聖が制して挽回への一歩とするか注目の一局です。

 対局日羽根 棋聖山下挑戦者対局場所
第1局01.15~01.16×△○
中押し
ドイツ・ベルリン「インターコンチネンタルホテル」
第2局02.01~02.02△×
6目半
岐阜県下呂温泉「水明館」
第3局02.08~02.09△?京都府舞鶴市「ホテルマーレたかた」

読売新聞:第30期棋聖戦
読売新聞:棋聖戦の記事:立場逆転、因縁の対決 山下九段VS羽根棋聖
棋聖戦中継ページ
NHK BS2での中継
解 説:柳 時熏 九段/司 会:佃 亜紀子 四段
2月8日 午前9時00分~10時00分/午後5時00分~6時00分
2月9日 午前9時00分~10時00分/午後4時00分~6時00分
※ダイジェスト 2月10日 午前0時25分~0時40分

なお,記録係はご本人のBlogから判明しましたが,種村 小百合初段だそうです。

[追記]
山下挑戦者が黒番47手目を封じて1日目が終了しました。

[追記] 2005.02.09
19:03 242手完,山下挑戦者の黒番1目半勝ちで,3連勝です。
第4局は 2月22日(水)~23日(木) 熊本県熊本市「ホテル日航熊本」にて打たれます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.02.07

棋譜を表示する go.sty

囲碁の棋譜を表示させる go.sty は,「LaTeXグラフィックコンパニオン」でも紹介され,CTANサイトから入手が可能です。
この go.sty では254手以上は表示出来ないようになっています。これでは少々不便なので254手以上の碁石フォントを作り go.sty に手を加え goex.sty としました。

go1black.mf と go1whitemf のバグ
マニュアルを参考に棋譜を表示させると,39手目が「黒29」と表示されてしまいます。METAFONT ソース go1black.mf に誤りがあるようで「39」とすべきところが「29」になっていました。同様な誤りが go1whitemf 39番にもあったので修正しました。

254~381までの碁石フォント
254手以降の碁石フォントは,go2black.mf・go2white.mf を下敷きにして go3black.mf・go3white.mf として 128文字いっぱいの 254~381 まで作っておきました。これらは先のgoex.sty で使います。

textrace を用いて pfb フォントも作り dvips 用の map ファイルも用意しました。

以上をまとめたものを gosty.zip(1.85MB) として置いておきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.02.06

2006年2月20日号の「ハンター×ハンター」

週刊少年ジャンプに連載の「ハンター×ハンター」の掲載と休載を淡々と記録するよ。
2006年2月20日(10)号 2月6日(月)発売。
今週号は第259話「1-(3)」。ハンター達とキメラアントとのバトルが展開する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.02.04

02/04

久々に雪です。量はたいしたことは無いですが,気温が下がっていて寒いです。今日・明日と雪の予報です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秀丸エディタ 5.13

秀丸エディタの最新版がVer.5.12からVer.5.13へバージョンアップ。

配布元:秀まるおのホームページ > ソフトウェア > 秀丸エディタ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.02.03

物語り 囲碁英傑伝

物語り 囲碁英傑伝物語り 囲碁英傑伝 MYCOM囲碁文庫シリーズ
田村 竜騎兵:著
毎日コミュニケーションズ:ISBN4-8399-1821-X
2005/06/27 初版第1刷
Amazonへのリンク
MYCOM BOOKSでの詳細

昭和47年に日本棋院から発行された「物語り囲碁史」に若干の修正を加えて再版したものだそうです。平安時代から戦国時代・江戸時代以前の碁打ちが登場人物で,史実ではなく著者の田村竜騎兵さんが創作を加えています。私でも知っている歴史上の碁打ちが沢山登場しています。棋譜も幾つか載っていますが物語が中心(だから私にとっては非常に読みやすい)で,江戸時代の坊門(本因坊一門)と他の囲碁家元との争いはすさまじいものがあります。これも「名人碁所」による権力と恩恵が強大だったからなのでしょう。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006.02.02

第30期棋聖戦七番勝負第2局2日目と挑戦者グランドスラム

羽根 直樹棋聖に山下 敬吾九段が挑戦している第30期棋聖戦七番勝負第2局2日目が今日(2006.02.02)午前9:00から打ち継がれます。

読売新聞:棋聖戦関連の記事

山下九段は毎年のごとくタイトル戦の挑戦者として上がってきますね。先日も,趙 治勲十段への挑戦権を奪取しています。
産経囲碁 Web【第44期十段戦】挑戦者決定戦

挑戦者に山下九段
高尾本因坊に中押し勝ち

 産経新聞社主催の囲碁タイトル戦「第44期十段戦」の挑戦者決定戦が二十六日午前十時から東京都千代田区の日本棋院で行われ、午後六時四十二分、159手までで黒番の山下敬吾九段が高尾紳路本因坊に中押し勝ちし、趙治勲十段への挑戦権を獲得した。
(中略)
 趙十段との五番勝負第一局は三月八日、千葉県浦安市「シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル」で行われる。
挑戦者のグランドスラムもあるんじゃないかと書き込んだら,ももぞうさんに教えて貰いました
挑戦者グランドスラムは、山下スレによると趙治勲、小林光一、林海峰、加藤正夫の4人だけだそうです。大棋士の証しかもしれませんね。目指してみるのも悪くないかも!?(爆)
趙 治勲十段は,実際にグランドスラムを達成していますし,お三方はそれぞれ「本因坊・王座」(小林 光一九段),「棋聖」(林 海峰九段・加藤 正夫九段)のタイトルが足らないだけです。
山下挑戦者が挑戦していないのは残り「本因坊」のタイトルだけです。是非とも目指して欲しいですね。もちろん挑戦者で終わるのではなくタイトルの奪取も!
 タイトル戦 
2000年第25期碁聖戦小林光一碁聖に挑戦。3勝2敗で碁聖位を奪取
2001年第26期碁聖戦碁聖位の防衛戦。小林光一挑戦者に2勝3敗で敗れ失冠。
2003年第27期棋聖戦王 立誠棋聖に挑戦。4勝1敗で棋聖位を奪取
第28期名人戦依田紀基名人に挑戦するも1勝4敗で敗れる。
第29期天元戦羽根直樹天元に挑戦するも2勝3敗で敗れる。
2004年第28期棋聖戦棋聖位の防衛戦。羽根直樹挑戦者に3勝4敗で敗れ失冠。
第52期王座戦張 栩王座に挑戦するも1勝3敗で敗れる。
第30期天元戦羽根直樹天元に挑戦。3勝0敗ストレートで天元位を奪取
2005年第53期王座戦張 栩王座に挑戦するも0勝3敗で敗れる。
第31期天元戦天元位の防衛戦。河野 臨挑戦者に2勝3敗で敗れ失冠。
2006年第30期棋聖戦羽根直樹棋聖に挑戦中。
第44期十段戦趙 治勲十段に挑戦。対戦は03/08より

[追記]
244手完,山下挑戦者の白番6目半勝ちで対戦成績を2勝としました。
第3局は 2月08日(水)~09日(木) 京都府舞鶴市「ホテルマーレたかた」にて打たれます。

読売新聞:棋聖戦関連の記事

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.02.01

第30期棋聖戦七番勝負第2局

羽根 直樹棋聖に山下 敬吾九段が挑戦する第30期棋聖戦七番勝負第2局が,今日(2006.02.01)と明日の2日にかけて岐阜県下呂温泉「水明館」にて打たれます。
第1局は,山下挑戦者が先勝しました。このまま第2局も制して勢いに乗るか,それとも羽根棋聖が挽回して星を元に戻すか注目の対局です。

読売新聞:第30期棋聖戦
読売新聞:棋聖戦の記事:立場逆転、因縁の対決 山下九段VS羽根棋聖(2006年1月7日)
棋聖戦中継ページ
NHK BS2での中継
解 説:武宮 正樹 九段/司 会:向井 梢恵 初段
2月1日 午後5時00分~6時00分
2月2日 午前9時00分~10時00分/午後4時00分~6時00分
※ダイジェスト 2月3日 午前0時15分~0時30分

今日(02.01)午前の中継は国会中継のため休止のようです。

[追記]
BS の囲碁中継は,国会中継が長引いて放映時間が若干遅れました。
羽根棋聖が黒番67手目を封じて1日目が終了しました。明日,午前9:00から対局再開です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »