« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010.08.27

第35期碁聖戦五番勝負 第5局

張 栩碁聖に関西棋院の坂井 秀至七段が挑戦する第35期碁聖戦挑戦手合い五番勝負第5局は,今日(2010.08.27)午前9時30分より東京都千代田区「日本棋院」にて打たれます。 第5局は日本棋院で打たれるからかいつもと違い 9時30分の開始です。

第4局は,坂井挑戦者が星を返して 2勝2敗のタイに戻しました。 最終局を制するのはどちらか? 張 栩碁聖が,防衛・五連覇で名誉碁聖の称号を得るか,坂井 秀至挑戦者が碁聖位を初奪取し 1981年以来 29年ぶりのタイトルを関西棋院にもたらすのか注目の対局です。

日程  張碁聖  坂井挑戦者対局場所(主催新聞社)
第1局6月24日(木)
中押し
△×宮城県仙台市「茶寮宗園」 (河北新報社)
第2局 7月9日(金)△×
2目半
石川県野々市町「文化会館フォルテ」 (北國新聞社)
第3局7月20日(火)
中押し
△×新潟県長岡市「長岡グランドホテル」(新潟日報社)
第4局8月19日(木)△×
3目半
大阪市中央区「関西棋院」(新聞囲碁連盟)
第5局8月27日(金)東京都千代田区「日本棋院」(新聞囲碁連盟)

[追記]
最終局なので握りなおして張碁聖の先番と決まりました。 第35期碁聖戦五番勝負は,ここまで全て白番が勝利していますので,白番の坂井挑戦者が有利でしょうか。

[さらに追記]
19時02分 274手完,坂井挑戦者の白番 2目半勝ちで対戦成績を 3勝2敗とし新碁聖の誕生です。 関西棋院に 29年ぶりのタイトルがもたらされました。 敗れた張前碁聖は五連覇ならず名誉碁聖の称号を得ることが出来ませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

張 栩王座への挑戦者決まる

張 栩王座への挑戦者が,昨年と同じく山田 規三生九段に決まりました。

日経e-碁サロン

(8/26)王座戦、山田九段が挑戦者に 2年連続
 第58期囲碁王座戦(日本経済新聞社主催)の挑戦者決定戦が26 日、大阪市の日本棋院関西総本部で打たれ、午後6時6分、209手で先番(黒番)の山田規三生(きみお)九段(37)が望月研一七段(27)に中押し勝ちし、昨年に続いて張栩王座(30)への挑戦権を獲得した。
 現在、棋聖、十段、碁聖とあわせて四冠を保持し、王座3連覇を目指す張王座との五番勝負第1局は、10月21日に東京都港区のグランドプリンスホテル高輪で打たれる。
 山田九段は45期の王座で、13期ぶりの王座奪還を目指す。昨年は3連敗に終わったが、今期は本戦で清成哲也九段、小林覚九段、井山裕太名人を下して勝ち上がり、リベンジのチャンスをつかんだ。
 もともと腕力の強さに定評があるが、最近はどんな碁でも打ちこなす。11月に中国・広州で開催されるアジア競技大会の日本代表メンバーにも選ばれている。張王座との対戦成績はこれまで山田の6勝12敗。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.08.19

第35期碁聖戦五番勝負 第4局

張 栩碁聖に関西棋院の坂井 秀至七段が挑戦する第35期碁聖戦挑戦手合い五番勝負第4局は,今日(2010.08.19)午前10時より大阪市中央区「関西棋院」にて打たれます。 第4局は関西棋院で打たれるからかいつもと違い 10時開始です。 第34期碁聖戦 第1局(於:日本棋院)では 9時30分開始でした。

両者 1勝1敗のタイで迎えた第3局を制したのは,張 碁聖でした。 張碁聖は碁聖位防衛・五連覇し名誉碁聖の称号資格まで後一歩と迫りました。 今局を制して決着するか,それとも坂井挑戦者が地元関西棋院で挽回しタイに戻して最終局に持ち込むか注目の対局です。

日程  張碁聖  坂井挑戦者対局場所(主催新聞社)
第1局6月24日(木)
中押し
△×宮城県仙台市「茶寮宗園」 (河北新報社)
第2局 7月9日(金)△×
2目半
石川県野々市町「文化会館フォルテ」 (北國新聞社)
第3局7月20日(火)
中押し
△×新潟県長岡市「長岡グランドホテル」(新潟日報社)
第4局8月19日(木)△?大阪市中央区「関西棋院」(新聞囲碁連盟)
第5局8月27日(金)東京都千代田区「日本棋院」(新聞囲碁連盟)

[追記]
18時26分 286手完,坂井挑戦者の白番 3目半勝ちで対戦成績を 2勝2敗のタイに戻し,決着は最終局に持ち越されました。 第5局は 8月27日(金)東京都千代田区「日本棋院」にて打たれます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.08.06

井山裕太名人への挑戦者決まる

井山 裕太名人への挑戦者が,高尾 紳路九段に決まりました。 前名人の張 栩棋聖は最終局で小県九段に敗れて,挑戦者決定プレーオフとはなりませんでした。

朝日新聞

囲碁名人戦、高尾九段が挑戦権 井山名人と9月対決
 第35期囲碁名人戦挑戦者決定リーグ戦(朝日新聞社主催)は最終日の5日、高尾紳路九段(33)が7勝1敗で優勝を決め、井山裕太名人(21)への挑戦権を獲得した。高尾九段は2006年の第31期名人。井山名人との七番勝負は9月1日、大阪府吹田市のホテル阪急エキスポパークで開幕する。
 6勝1敗の高尾九段と張栩(ちょう・う)棋聖の名人経験者2人に絞られていた挑戦権争いは、この日、高尾九段が結城聡九段に勝って白星を伸ばしたのに対し、張棋聖が小県真樹九段に敗れ、挑戦者が決定した。井山名人と高尾九段が挑戦手合で対決するのは初めて。

続きを読む "井山裕太名人への挑戦者決まる"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »