« 08/07 晴れ | トップページ | 08/08 晴れ »

2012.08.07

山下敬吾名人への挑戦者決まる

羽根直樹九段が井山裕太本因坊とのプレーオフを制して山下名人への挑戦権を獲得しました。

朝日新聞

囲碁名人戦、羽根九段が初の挑戦権
 第37期囲碁名人戦挑戦者決定リーグ戦(朝日新聞社主催)は6日、大阪市北区の日本棋院関西総本部で同率1位同士によるプレーオフが打たれ、羽根直樹九段(35)が井山裕太本因坊(23)=天元、碁聖、十段をあわせ四冠=に黒番中押し勝ちして、山下敬吾名人(33)への挑戦権を獲得した。羽根九段の名人挑戦は初めて。七番勝負は30日、東京都文京区の椿山荘で開幕する。
 リーグ初戦で井山本因坊に敗れた羽根九段はその後に7連勝してプレーオフに進出。プレーオフの一戦は激しい変化の続く大激戦だった。山下名人らと並んで「四天王」と呼ばれるトップ棋士。山下名人とはこれまで棋聖戦、本因坊戦などで激闘を演じている。
 前名人の井山本因坊は7月に山下本因坊、羽根碁聖から立て続けにタイトルを奪取。好調を維持して前期の雪辱戦、さらには張栩棋聖(32)に並ぶ史上最多タイの五冠をめざしプレーオフに臨んだが、惜しくも敗れた。

羽根九段は名人戦に初挑戦ですが,山下名人との七大タイトルでの対戦は今局を含め七回目となりました。

|

« 08/07 晴れ | トップページ | 08/08 晴れ »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山下敬吾名人への挑戦者決まる:

« 08/07 晴れ | トップページ | 08/08 晴れ »