« 07/21 珠洲飯田燈籠山祭り 2日目 | トップページ | 07/21 九州北部地方も昨日梅雨明けしました »

2017.07.21

はやぶさ型ミサイル艇「はやぶさ」

はやぶさ

昨日から向かいの港に泊まっているのは、はやぶさ型ミサイル艇「はやぶさ」です。 お務めご苦労様です。

はやぶさ

Wikipedia

はやぶさ型ミサイル艇(はやぶさがたミサイルてい、英語: Hayabusa-class guided-missile patrol boats)は、海上自衛隊のミサイル艇の艦級。平成11年度計画から平成13年度計画にかけて計6隻が建造された。建造費は1隻あたり94億円(平成13年度計画分)。
61中期防において、海上自衛隊は従来の魚雷艇(PT)にかわる沿岸防備用の高速戦闘艇として、ミサイル艇(PG)の整備に着手した。オペレーションズ・リサーチによって、大湊・舞鶴・佐世保地方隊に6隻ずつを配備するという基本計画が策定された。これに基づき、まず平成2年・平成4年度計画で全没型水中翼艇の1号型ミサイル艇3隻が就役した。しかし就役後、波浪中の船体強度や耐航性の不足が発覚し、特に冬季の日本海での運用上問題となった。また水中翼艇特有の問題として、フォイルボーンでの高速時とハルボーンでの低速時との間に速力や運動性の面で大きなギャップがあり、中速域での運用が困難であった。これらはいずれも運用上重大な制約となったことから、1号型の建造は3隻で打ち切られた。
このころ、安全保障政策の新しい基本的指針として07大綱の策定が進められており、ミサイル艇3号(04PG)の竣工と同年の1995年11月28日に閣議決定された。07大綱では防衛力の適正化・コンパクト化が志向されており、ミサイル艇の整備数も9隻に半減することになった[2]。これに基づき、02PGの運用実績も踏まえて新たに建造が計画されたのが「はやぶさ型」である。平成11年度計画で2隻分190億円が予算化されたが、能登半島沖不審船事件を受けて、本格的な侵略事態における対艦ミサイルと主砲を活用した対水上戦闘はもちろんのこと、赤外線暗視装置や衛星通信装置の搭載、防弾板の装着など、不審船対処も考慮に入れた性能向上策として、2隻分で27億円が追加された。

|

« 07/21 珠洲飯田燈籠山祭り 2日目 | トップページ | 07/21 九州北部地方も昨日梅雨明けしました »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: はやぶさ型ミサイル艇「はやぶさ」:

« 07/21 珠洲飯田燈籠山祭り 2日目 | トップページ | 07/21 九州北部地方も昨日梅雨明けしました »