« 12/31 大晦日(おおみそか) | トップページ | 01/02 初夢(はつゆめ) »

2018.01.01

01/01 睦月(むつき)・元日(がんじつ)

01/01

今朝は雨です。 今日から2018年。 新しい年が始まりました。

Wikipedia

1月(いちがつ)はグレゴリオ暦で年の第1の月に当たり、31日ある。
日本では旧暦1月を睦月(むつき)と呼び、現在では新暦1月の別名としても用いる。睦月という名前の由来には諸説ある。最も有力なのは、親族一同集って宴をする「睦び月(むつびつき)」の意であるとするものである。他に、「元つ月(もとつつき)」「萌月(もゆつき)」「生月(うむつき)」などの説がある。
英語のJanuaryは、ローマ神話の出入り口とドアの神ヤヌスにちなむ。年の入り口にあたることから、ヤヌスの月となった。

Wikipedia

元日(がんじつ)は、年の最初の日、日付はグレゴリオ暦では1月1日(改暦前は旧暦正月一日)。「元旦」と同義である。
元日は年初の日である。しかし、年は繰り返すもので、どの季節を年初にしても記年法上問題はなく、太陽暦では1月1日そのものに天文学的な意味はない。
紀元前45年のユリウス暦では冬至付近を1月1日としたが、その理由には諸説ある[2]。325年のニケア宗教会議では春分の日が3月21日とされ、1582年のグレゴリオ暦で1年を365.25日としたことから、3月21日の確定(ニケア宗教会議での決定事項の優先)とともに1月1日も必然的に定まることになった。
なお、1月1日以外を年初とする暦法も存在する。太陽暦に基づきながらも、元日が1月1日ではない暦法もあった。例として、フランス革命暦では、葡萄月(ヴァンデミエール)1日が元日とされた。その日はグレゴリオ暦では9月22日から9月24日の間と、グレゴリオ暦1月1日とは大きなずれが生じていた(実際、フランス革命暦最終日となった1805年12月31日はフランス革命暦14年雪月(ニヴォーズ)10日であり、これは葡萄月を1月、果実月(フリュクティドール)を12月と数えると、4月10日となる)。

01-01天気予報

|

« 12/31 大晦日(おおみそか) | トップページ | 01/02 初夢(はつゆめ) »

Webカメラ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 01/01 睦月(むつき)・元日(がんじつ):

« 12/31 大晦日(おおみそか) | トップページ | 01/02 初夢(はつゆめ) »